活性酸素と日常生活の関係

活性酸素の過剰な発生を防ぐ方法として、日常生活でできることは、運動の仕方です。

身体に負担がない程度のものが良いとされており、激しい運動を行うとその分、大量の酸素を体内に取り込んでしまうため、それだけ活性酸素も増えてしまいます。

また、屋外のスポーツでは紫外線も多いため、実はスポーツ選手というのは活性酸素の量が一般の人と比べて桁違いに多いのです。

もちろん、プロのアスリートの人たちにはトレーナーや栄養士が抗酸化成分を積極的に摂取するようサポートしていますが、私たちが運動する際には注意が必要です。

健康に良いと言われるジョギングなども活性酸素が多く発生してしまいますし、ダイエットやいつまでも若々しくいたいと願うばかりに身体を動かし続いていては返って身体に良くないため、無理のない程度の運動ということで、ウォーキングやストレッチ、ヨガなどを自分の負担にならない程度に、毎日長く続けていくのが良いのではないでしょうか。

活性酸素は、運動以外の日常生活でも、注意すれば発生を防ぐことができます。

例えば、ストレスの多い生活を送っていると、ストレスは一時的に血液の流れが悪くなり、流れが元に戻る時に活性酸素が発生してしまいます。

これを繰り返してしまうと体内に悪影響となりますので、なるべくストレスを溜めずに、上手に発散させる好きなものを見つけられると良いですね。

また、電気製品から発せられる電磁波も活性酵素を発生させてしまう原因になります。

電子レンジやテレビ、パソコン、タブレット端末など、私たちが日常生活を送る上で、電化製品は欠かせないものになっていますが、特に注意が必要なのはスマートフォンです。

電磁波の周波も多く、そして肌身離さず身に着けているという人も多いのではないでしょうか。

最近では子どもでもスマートフォンを持っている子も多いですが、子どもの頃から対象の活性酸素を浴びてしまうと細胞にダメージを与えてしまいます。

使用時間を決めるなど注意しながら使っていきましょう。

この投稿へのコメントの RSS フィード。


現在、コメントフォームは閉鎖中です。