活性酸素が与えるアレルギーへの影響

活性酸素は、花粉症やアレルギー、アトピーにも影響が及んでしまうということも言われています。

活性酸素は、インスタント食品やスナック菓子などに含まれている食品添加物も発生の原因の一つです。

手軽に外食ができるファーストフード店やファミリーレストランも人気ですが、なるべく加工食品は避けるようにしましょう。

最近では、お子さんがアレルギーやアトピーで悩んでいるという保護者の方も多いと思います。

アレルギーやアトピーをお持ちのお子さんは、どうしても我慢をする機会があります。

「他の子が食べているおやつが食べられない」

「夜中に体が痒くなってしまって、なかなか寝付けない」

と、小さな体に心の負担もかかっています。

お子さんがストレスを抱えてしまっては、体内でまた活性酸素が発生されてしまい、身体に負担がかかってしまいます。

また、側でサポートするお母さんもストレスを抱えないようにしましょう。

子どもはお母さんが不安定な状態になると、またストレスになってしまうためです。

私たちが苦しんでいる花粉症も、活性酸素が大きな影響を与えてしまいます。

早い人では1月頃から花粉症が始まり、春だけではなく秋にも花粉症があり、本当に憂鬱ですよね。

花粉症はアレルギー性鼻炎で、花粉を体外に排出するための免疫機能が過剰に現れた状態です。

そのため、過剰な活性酸素を除去する生活を送っていれば、花粉症にも対抗できる力がつくのではないでしょうか。

花粉症を改善するために、日常生活の改善を行うことが良いと言われているのは、活性酸素が過剰に発生するのを防ぐことができるためです。

現代社会は、私たちが暮らしていく上で、様々な障害があります。

食生活の変化やストレスなどが生活習慣病を引き起こし、その要因として活性酸素が非常に大きなウエイトを占めているのです。

「これを食べていれば大丈夫」

「この運動をすれば平気」

という特効薬はありませんが、食事・運動・日常生活をトータル的に見直し、健康的に楽しく暮らせる方法を探していきましょう。

この投稿へのコメントの RSS フィード。


現在、コメントフォームは閉鎖中です。