活性酸素とはどのようなもの?

「活性酸素」

という言葉を耳にしますが、どういったものなのでしょうか。

私たちの体にどのような影響を与えるものなのか、詳しく見ていきたいと思います。

活性酸素は元々私たちの体にとって必要であり、大切なものです。

体の中に侵入してきた細菌やウイルスを殺菌・消毒する役割があります。

一方で、体に良くない影響を与えるものでもあります。

私たちの体内の細胞が老化し、体がさびてしまう影響があるのです。

それでは、どのように発生されるのかというと、体内に入った酸素は、細胞へと運ばれ、脂肪や糖分を燃やしてエネルギーを発生させるのに使われます。

その際に消費された酸素の2%が活性酸素となります。

その他に、ストレスでも発生します。

ストレスを受けると、身体はそれに対抗しようと、ストレスを緩和させる「副腎皮質ホルモン」

が分泌されますが、一緒に活性酸素も作られてしまいます。

ストレスが溜まっているとビタミンCの消費量も増えます。

ビタミンCは抗酸化作用も強いため、体内から減ってしまうと活性酸素が増えてしまいます。

活性酸素が発生する原因ですが、紫外線も大きな影響があります。

紫外線を浴びると身体を守ろうと活性酸素が発生するためです。

真夏の強い日差しの下で、強力な紫外線を浴びた場合には、強力な活性酸素が生まれてしまい、シミや皮膚トラブルの大きな原因となってしまいます。

日頃からUVケアを心がけ、日傘や帽子などを使うようにしましょう。

その他、喫煙や過度な飲酒、食品添加物、大気汚染なども原因となります。

本来身体を守るために発生するため、身体にとって害のあるものが侵入してきた場合に強く発生すると考えて良いでしょう。

アルコールは適量であれば、減らしてくれる効果もあるのですが、過度な量を摂取するとやはり増えてしまうため、適度な量を自分でコントロールするようにしましょう。

リンク先のサイトですが、老化や疲れ・生活習慣病のもととなる「活性酸素」

に関連する情報を紹介しているサイトとなります。

是非一度ご覧ください。

活性酸素による老化を防ぐ

この投稿へのコメントの RSS フィード。


現在、コメントフォームは閉鎖中です。